初めての方は自己紹介をどうぞ☆


いつもご覧いただきありがとうございます。


またまた間が空いてしまいました( ;∀;)
前回の記事が好評でTwitterでシェアをして下さったりランキングサイトからコメントを頂いたり、ありがとうございました(^∀^)

同じ体験をされた方が多数いて安心?しました(笑)


ところで先日水曜日から次女のなっちが40℃の熱を出しまして、初めての発熱で大慌てでした・・・
夜10時から救急でかかりましたが、1時間待ったのち看護師さんから3~4時間待ちだと聞いたので2件目に向かい、解熱剤を貰い、家に帰ってきたのが朝4時でした・・・

私も旦那も屍のように床に着きました(=_=)
原因はMRワクチン【麻疹・風疹2種混合ワクチン】の副反応の様でした。

今は熱も下がり食欲も戻ったのですが熱が下がった辺りで発疹が出てきてしまい、とりあえずお盆明けの月曜日にワクチンを打った病院に相談してみようと思います。

これから予防接種をされる方に少しでもMRワクチンの副反応を知っておいて頂きたく、今回の事をまとめましたので参考にして頂けると幸いです。



まず、MRワクチン【麻疹・風疹混合ワクチン】とは
麻疹・風疹の予防のために打つ生ワクチンです。

予防接種は2種類のワクチンがあり、【生ワクチン】【不活化ワクチン】があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【生ワクチン】
生ワクチンは生存能力を損なうことなくウイルスや細菌のビルレンスを低下させて作ったワクチンである。弱毒化ワクチンもしくは弱毒ワクチンともいい、弱毒化とは生きた病原体を無害化したり病原性を低下させたりすることである。弱毒化されたウイルスを特に弱毒化ウイルスともいう。


【不活化ワクチン】
不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、免疫をつけるために必要な成分を取り出してワクチン化したもの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読んでいただき分かるように、生ワクチンは、弱くさせた生きたワクチンなので不活化ワクチンよりも副反応が起こりやすいそうです。

こうやって見てみると不活化ワクチンの方がリスクが少ないので不活化ワクチンでお願いしたいところですがワクチンの種類は個人では選べません。
ウイルスの作用や特性に合わせて作られているからだそうです。



〇接種時期と接種回数

第1期:1歳代で1回接種できます。地域で流行している時は、自費で生後6か月からでも受けられますのでかかりつけ医に相談してください。

第2期:小学校入学の前年(幼稚園や保育園の年長クラス)1年間に1回接種します。万一、この1年間に接種しなかった場合は定期接種の扱いとならず、接種費用も自費となりますのでできるだけ早く(遅くとも夏休み前までに)2回目を受けることが大切です。


〇おすすめの受け方

1歳になったらすぐ、できれば『1歳の誕生日』に受けるようにしましょう。
地域で大流行している時は生後6ヶ月から任意接種で受けることもできます。
麻疹も風疹も大人でもかかるので30代前半までで2回接種を受けていない方はぜひ接種しましょう。


〇効果と安全性

接種後1週間くらいで熱が出る子が5~20%位います。
普通は1~2日で収まるので心配はいりません。痙攣など変わった症状が見られたら、それがワクチンによるものかどうかは別として速やかに医療機関に受診してください。

MRワクチンは2種類のワクチンを混合していますが、単独の麻疹ワクチン・風疹ワクチンに比べて熱などの副作用が強いなどはありません。
ワクチン接種前に麻疹や風疹にかかったことがある人もできるだけMRワクチンを接種しましょう。
麻疹・風疹にかかったことがある人が接種しても問題はありません。

〇同時接種について

早く免疫をつけて、危険なVPDから子供を確実に守るために同時接種は欠かすことのできないものです。
同時接種が安全であることは、世界の何億以上の子供が受けてきていることからも、世界の常識であり、日本でも確認されています。接種年齢になっていれば、何本でも受けられます。米国では、生後2か月のときに6種類も受けています。
(とは言っても、子供の身体的負担も大きいと思うので、医療機関と相談で良いと思います。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回次女が発症した副反応をまとめました。


29022415

軽い麻疹・風疹にかかっている状態ですが、感染はしません。

今回の経験で子供用の解熱剤を常備しておこうかと思っています。
異常な症状が出たときはもちろん救急に駆け込みますが、今回の症状は熱だけだったので、正直夜間に長い時間ウイルスまみれの病院で待ちぼうけは余計な病気を拾ったり、リスクが高いなと思いました。

それなら家で解熱剤を飲んで次の日の昼間に連れてってあげたほうがいいなと感じました。


今回MRワクチンの副反応についてまとめたのは、調べてもあまり実体験が無かったので今後接種する方の為に少しでも参考にして頂けるといいかなと思い、記事にしました。

長々となってしまいましたがご覧いただきありがとうございます。



ランキングに参加しています☆
皆さんの投票が毎日の励みになります!!


人気ブログランキング